• よくわかる腎臓病、腎臓病を正しく理解するために
  • 生活習慣と慢性腎臓病(CKD)
  • 慢性腎臓病(CKD)をご存じですか?

ステージの特徴と治療

慢性腎臓病の治療目的

慢性腎臓病(CKD)の治療目的は、進行を抑え、末期腎不全や脳・心血管疾患の発症を防ぐことです。末期腎不全になると、腎臓の機能は失われ、それを代行する治療が必要になり、日常生活にも影響が出てきます。またCKDが進むと高血圧症が悪化することで、動脈硬化を促し、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など命にかかわる病気の発症リスクが高まります。CKDは、知らぬ間に進行する可能性が高い病気ですが、病期(ステージ)の早いうちに治療すれば、末期腎不全に至らなくて済むでしょう。早期に発見し、早期から治療を開始することが重要です。

 

ステージ1と2 〜早期発見で回復の余地あり

病期(ステージ)分類によると1は「腎臓に障害はあるが、働きは正常」、2は「軽度の機能低下」で、自覚症状はほとんどありませんから健康診断などで発見されることが多い段階です。しかし、回復の余地があるこの段階できちんと治療を始めることは、非常に重要です。
治療は、危険因子を減らす健康管理が基本となります。危険因子とは、糖尿病、脂質代謝異常、高血圧、肥満、喫煙などであり、食事療法、特にエネルギー制限と塩分制限が重要になってきます。たんぱく尿が多い場合(目安は0.5g/日)は、たんぱく質の摂取制限も必要です。食事療法だけで改善しない場合は、薬物療法が行われ、血圧管理のための薬、脂質管理のための薬、糖尿病管理のための薬などが処方されます。以下に食事療法のポイントを紹介します。

【1】エネルギー制限

1日の摂取エネルギーの目安は、標準体重×30〜35kcal。
標準体重は、22×身長(m)×身長(m)で計算します。
肥満かどうかは、BMI(体格指数)を求めることで推測できます。その計算式は、BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))。BMIが25以上であれば、肥満ということになります。この場合は、1日の摂取エネルギーを標準体重×25kcal以下に抑えましょう。

【2】塩分(食塩)制限

1日の塩分摂取量の目安は6g。醤油小さじ一杯が約1g、味噌大さじ一杯が約2gになります。
漬物、塩漬け食品を控えるようにし、ラーメン、うどんなどの汁は飲み干さない、味噌汁は具だくさんにするなど、減塩を心がけましょう。高血圧の人は、特に注意が必要です。

【3】たんぱく質制限

たんぱく質の摂り過ぎは、腎臓に負担をかけます。たんぱく尿0.5g/日なら、1日に標準体重1kgあたり0.6〜0.8gになるようにします。ただ、たんぱく質摂取を制限すると、エネルギー不足になることがありますので、かかりつけの医師や栄養士に相談しながら行いましょう(前述した1日の摂取エネルギーの目安を参考)。

 

ステージ3 〜専門医による本格的な治療が必要

ステージ3は、腎臓の機能が健康時に比べ半分近く低下している段階です。むくみや尿の異常、疲れやすいといった自覚症状も現れ始めます。ここからは、腎臓専門医の治療が必要となります。治療の柱は、原因疾患の治療と生活習慣の改善(食事療法を含む)、薬物治療の3つです。透析療法が必要な末期腎不全に至らないためには、ここで治療を徹底し、進行を食い止め、改善の方向へ導くことが大切です。

【4】カリウム制限

前述のエネルギー、塩分(食塩)、たんぱく質の制限に加えてカリウムの制限が必要になってきます。ステージ3ではカリウムの排出が行われにくくなり、血液中のカリウム濃度が高くなる高カリウム血症のリスクが高まるからです。カリウムは生野菜、果物、芋類、豆類などに多く含まれているため、生野菜はゆでて食べるなどの工夫が必要です。

 

ステージ4 〜現状維持が治療目標

ステージ4は、腎臓の機能は約30%以下にまで低下しており、機能を回復させることができない段階と考えられます。むくみ、尿の減少、高血圧、貧血など様々な症状も現れてきます。治療の目標は現状を維持し、透析治療開始を遅らせることです。尿毒症の出現や脳・心血管疾患の合併症に注意を払いながら、より厳格な食事療法、生活習慣の改善、薬物治療を行います。尿毒症では、老廃物が体内にたまりやすくなっているせいで頭痛、食欲不振、嘔吐、不眠などの症状が現れ、放置しておくと死に至る危険性があります。脳・心血管疾患の合併症では、腎臓が血圧調節に関わっていることから特に高血圧に注意する必要があります(慢性腎臓病になりやすい人と主な疾患 高血圧との関係生活習慣病と腎臓病 参照)。 

 

テージ5 〜腎代替療法が必要

ステージ5は、腎臓の機能が極度に低下している状態で、これに代わる働きをする腎代替療法を行う必要があります。それについては、次の「末期腎不全」で詳しく紹介しましょう。

 

薬物治療

ステージが進むにつれて、治療に必要な薬の種類も増えてきます。主な薬は以下の通りです。

腎障害の原因を治療する薬

薬名 効果
副腎皮質ステロイド薬 慢性糸球体腎炎など、腎臓に炎症性の病気があるときに使用する
免疫抑制薬 ステロイド薬が効きにくいタイプ、すなわち免疫異常が原因と思われる腎炎に使用する
抗血小板薬、抗凝固薬 血流を良くして腎臓の負担を軽くする

腎機能を保護する治療薬

薬名 効果
レニンアンジオテンシン系阻害薬 腎機能の低下によって分泌される、血圧を上昇させるホルモンを抑え、血圧の上昇を防ぐ

危険因子のコントロールをする治療薬

薬名 効果
高血圧治療薬 血圧を下げるために、適した降圧薬を組み合わせて使う
脂質異常症治療薬 血中コレステロールを下げる
高尿酸血症治療薬 尿酸排出促進薬と尿酸生成抑制薬の二つを組み合わせて使う

腎臓の働きを補佐する薬

薬名 効果
エリスロポエチン製剤 造血ホルモンであるエリスロポエチン分泌の低下を補佐し、貧血を改善する
カリウム吸着薬 高カリウム血症を改善する
重炭酸ナトリウム pH調節を助け、血液の酸性化を防ぐ
経口吸着薬 尿毒症の原因となる有害物質を吸着し、排泄させる
活性型ビタミンD3 ビタミンDの活性を補佐する
リン吸着薬 リンを吸着して排出する。