• よくわかる腎臓病、腎臓病を正しく理解するために
  • 生活習慣と慢性腎臓病(CKD)
  • 慢性腎臓病(CKD)をご存じですか?

腎臓とはどんな臓器?

腎臓の位置と構造

腎臓は、腰より上の背中側に位置しており、背骨を挟んで左右にひとつずつあります。そら豆のような形をしており、大きさは、人の握りこぶしより少し大きい程度です。腎臓の内部構造をみると外側には皮質、その内側に髄質があります。

血液中の不要な老廃物を排泄するための尿を生成するのはネフロンと呼ばれる組織で、左右の腎臓それぞれに100万個以上存在します。ネフロンは、糸球体(読み:しきゅうたい)という毛細血管の塊と、それを包むボウマン嚢、そこに繋がる尿細管という管で構成されています。

 

腎臓の役割

1. 尿をつくり、水分・電解質、そして血圧を調節する

腎臓の最も大きな役割は、尿をつくることです。腎臓には心臓から送りだされる血液の約4分の1が流れ込み、糸球体でろ過されます。このろ過液を原尿といい、1日に約150ℓ作り出されます。原尿には、不要な老廃物と、体に必要な物質(水分、糖分、ナトリウム、アミノ酸など)が含まれています。体に必要な物質は、原尿がボウマン嚢を通過して尿細管を流れる間に吸収されて血液中に戻りますが、老廃物は尿となって、尿管から膀胱へいき、排尿されます。
腎臓のこうした働きは、体内の水分量や血液中の電解質(ナトリウムなど)の濃度を一定に保つことに役立っています。電解質の調節は、血液のpH(ピーエイチ:酸とアルカリの程度)を弱アルカリ性に保つことにつながり、このことは、体を健康に保つうえで、とても大切です。また血液中の水分量を一定に保つことで、血圧の調節を助けることにも役立っています。血圧調節という面では、血圧上昇を助けるレニンというホルモンも分泌しています
(慢性腎臓病になりやすい人と主な疾患、慢性腎臓病になりやすい人 高血圧との関係 参照)。

 

2. ビタミンDの活性化と造血ホルモンの分泌

尿をつくること以外にも腎臓は大切な役割を果たしています。骨をつくるのに必要な栄養素であるビタミンDは、魚やキノコ類に含まれていますが、体内で活性型ビタミンD3に変化させることによってはじめて機能します。このビタミンDを活性化させるのも腎臓の役割のひとつです。
また、腎臓では、赤血球をつくることと関わりの深い造血ホルモン「エリスロポエチン」がつくられています。そのため、腎臓の働きが低下し、「エリスロポエチン」の分泌が不足すると、貧血が起こります。これを「腎性貧血」と呼んでいます。

 

腎障害と腎不全

血液をろ過し、老廃物と体に必要なものを仕分けして、尿をつくるのが腎臓です。何らかの原因で腎障害が起こる(糸球体が障害される)とたんぱく質や赤血球が尿の中に出てきます。そのとき尿検査をすると、たんぱく尿や血尿が認められ、それが腎臓病のサインとなります。

慢性腎不全は、慢性腎臓病により数カ月から数十年の年月をかけて徐々に病気が進行します。この病気の怖さは、初期には、自覚症状はほとんどなく、気付いたときには相当病気が進行している可能性が高いこと、そして病気が進むとその働きは回復しないことです。ですから、定期健診を必ず受け、早期に腎臓病を見つけ、治療をすることが大切です。