1. 旭化成ファーマ トップ >
  2. 研究開発 >
  3. 新薬開発状況

新薬開発状況

国内

(1)承認
­ 開発コード・剤型(一般名) 区分 薬効・分類 適応症 自社/導入 備考
承認
(2017年5月)
MN−10−T注
(テリパラチド酢酸塩)
新用量医薬品 骨粗鬆症治療剤 骨折の危険性の
高い骨粗鬆症
自社 投与期間延長
(2)臨床試験中(フェーズV〜U)
­ 開発コード・剤型(一般名) 区分 薬効・分類 適応症 自社/導入 備考
フェーズV ART-123注
(トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え))
新効能医薬品 血液凝固阻止剤 特発性肺線維症の急性増悪 自社 ­
フェーズV MN−10−T AI注
(テリパラチド酢酸塩)
新剤形・新用量医薬品 骨粗鬆症治療剤 骨折の危険性の
高い骨粗鬆症
自社 ­
フェーズU ART-123注
(トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え))
新効能医薬品 血液凝固阻止剤 化学療法誘発性末梢神経障害 自社 ­

海外

­ 開発コード・剤型(一般名) 区分 薬効・分類 適応症 自社/導入 備考
フェーズV ART-123注
(トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え))
新薬 血液凝固阻止剤 凝固異常を伴う重症敗血症 自社 ­
HE−69
(ミゾリビン)
適応拡大 免疫抑制剤 ループス腎炎
ネフローゼ症候群
自社