咳を伴ういろいろな子どもの病気

【監修】 富士重工業健康保険組合 太田記念病院 院長 小児科部長 佐藤 吉壮先生

かぜ症候群

様々な病原体によって鼻やのどなど上気道(じょうきどう)に生じる炎症性の病気の総称。いわゆる軽いかぜから発熱を伴うアデノウィルス、重い全身症状を伴うインフルエンザまで症状は様々です。特にインフルエンザは要注意。重症化する恐れがあります。

治療

インフルエンザを含むかぜの原因のほとんどがウィルス感染なので、対症療法として薬が処方されます。加湿と休養を基本として、注意深く観察することが大切です。

*かぜに伴う病気

急性副鼻腔(ふくびくう)炎

多くは細菌感染ですが、急性副鼻腔炎は上気道炎(かぜ)に伴うことが多くあります。副鼻腔とは、鼻腔から分かれた骨に囲まれた空間のことをいい、この粘膜に炎症が起こると粘液が多くなり、さらに化膿すると膿汁が出ます。

急性中耳炎

上気道炎(かぜ)などのときに鼻やのどから耳管を経由して中耳腔に細菌感染が起こり、耳痛、難聴、発熱などの症状が出ます。中耳炎が進むと鼓膜が破れて耳だれが出ますが、このとき痛みがなくなるので、注意しましょう。治ったわけではないので医師にかかることが必要です。

気管支炎・細気管支炎

多くは急性上気道炎に引き続き起こります。気管支炎はウィルス感染により、急性に発病する場合が多く、咳はしばしば痰を伴います。重い合併症は少ないですが、ときに肺炎にいたることもあるので注意が必要です。
気管支の先で起こる細気管支炎は、主としてRSウィルス感染が原因で、多くは2歳くらいまでにかかります。くしゃみ、鼻水、発熱に続き、咳、喘鳴(ぜいめい)(ぜいぜい、ヒューヒューという)、多呼吸がみられ、乳幼児は哺乳困難になることもあります。

治療

気管支炎は薬物療法と安静で、通常1、2週間で治癒。
細気管支炎は入院が原則。脱水に陥りやすいので輸液を行い、呼吸状態によっては酸素投与を行います。