1. 旭化成ファーマ トップ >
  2. 研究開発

研究開発

これまで培ってきた創薬技術と最先端のテクノロジーとを駆使して、近未来社会で求められる新薬を世界に提供すべく研究開発に積極的に取り組んでいます。特に成熟化・高齢化社会で高まる医療ニーズを解決するため、整形外科領域や、リウマチ関連疾患、疼痛領域等に経営資源を集中させ、さらにオープンイノベーションを積極的に推進することによって存在感のある研究開発型スペシャリティファーマを目指します。

高齢化社会の到来に伴う骨代謝疾患の増加に着目し、世界に先駆けて開発された合成カルシトニン誘導体製剤「エルシトニン®」は、骨粗鬆症に新しい治療の道を拓きました。「ブレディニン®」も関節リウマチをはじめとする免疫疾患治療薬の先駆けとして知られています。また、ヒト副甲状腺ホルモン(ヒトPTH)が骨芽細胞系に作用して骨形成を促進する働きに着目して開発を進め、骨粗鬆症治療薬「テリボン®」として国内製造販売承認を取得しました。さらに、新規メカニズムの抗リウマチ薬や骨粗鬆症薬をはじめ、各種運動器疾患に対する次世代の新薬の研究開発を進め、整形外科領域における治療の質の向上を目指しています。

イノベーティブな医薬品の潮流の中心的な存在となったバイオ医薬にも当社はいち早く取り組んできました。血管内皮細胞膜に存在し血液凝固を制御するヒトトロンボモジュリンの遺伝子クローニングに成功し、世界初の遺伝子組換え型トロンボモジュリン製剤として「リコモジュリン®」の国内製造販売承認を取得しました。「リコモジュリン®」は新しい血液凝固調節作用メカニズムにより、悪性腫瘍、感染症などに併発するDIC(汎発性血管内血液凝固症)の治療に貢献しています。現在は、凝固異常を伴う重症敗血症を目標適応症として世界規模の治験を進めています。