theme03のラベル

お互いの強みを融合し、

急性期疾患の患者さんの命を救う

画期的な新薬創出を我々と一緒に

目指しませんか。

医薬研究センター 薬理研究部

theme03のメイン画像

昨日まで世界になかったもの。


「救急領域」

Messageメンバーからのメッセージ

薬理研究部 ユニットリーダー 博士(医学) 画像

薬理研究部 ユニットリーダー 博士(医学)

田原 俊介

旭化成ファーマは、血液凝固阻止剤「リコモジュリン®」や蛋白リン酸化酵素阻害剤「エリル®」などの医薬品を通じて急性期疾患の医療に貢献してまいりました。私たちは、これらの研究開発で得たノウハウを生かし、新たな急性期疾患における新薬創出を目指しています。

急性期疾患は病態が複雑かつ急速に進行するため、その病態生理の理解や創薬ターゲット分子の選定には高い専門性が求められます。創薬研究もまた有効性を調べる薬効薬理のみならず、薬物動態、毒性、合成などの多岐にわたる専門性が必要不可欠です。そのため、急性期疾患病態の専門性が極めて高い皆様と創薬研究の専門性を持つ我々が協力すれば、必ず患者さんのいのちとくらしに貢献する画期的な新薬が創出できると考えています。皆様の創薬シーズを製品にする研究を我々と一緒にやらせてください。ご応募、心よりお待ちしております。

Recruitment theme募集テーマ

創薬シーズ

3.1 免疫系を活性化させて敗血症を治療する創薬シーズ
  • 敗血症モデル、感染症モデルのin vivoデータがあることが好ましい
    (ただし、LPS投与モデルは敗血症モデルに含めない)
3.2 急性肺障害(ALI)や急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の創薬シーズ

Subscription応募フォーム

右の「応募する」ボタンをクリックし、応募フォームへお進みください。

pagetopボタン